クレジットカードを現金化する一連の流れについて紹介しています。

経営特訓士が教えるクレジットカード現金化のメリット~ヘッダー画像

現金化による支払いの流れ

 

クレジットカード現金化はどうやってやる?

 

クレジットカード現金化の方法はいくつかあれど、多くの経営者は専門の買取業者を利用して現金化を行います。
その際に「流れ」を理解しておくことは大切です。

 

流れを理解しておけば、時間的なメリットが大きい現金化のスピード感がさらに向上します。
覚えておきたい現金化の手順は少なく、大きく分けると「商品の購入」「商品の換金」「代金の振り込み」の3手順です。
順番にどのようなことが行われるのか、確認していきましょう。

 

現金化の3つの手順について

商品の購入

最初の工程は「商品を購入する」です。
手持ちのクレジットカードのショッピング機能を利用して、換金性の高い商品を購入します。

最近の現金化業界で最も人気の商品は「ギフトカード」です。
Amazonギフトカードや、楽天ポイントギフトカードは現金としての価値が高く、圧倒的な人気を誇っています。

 

商品の換金

次に、購入した商品を「換金」します。
実際に現金化業者のサービスに登録した後、商品の査定を依頼する手順です。
ギフトカードを換金する場合は時間がかかりませんが、バッグやブランド品で現金化を行う場合は査定に時間がかかるかもしれないので、注意しましょう。

 

代金の振り込み

最後に「代金の振り込み」が行われます。
最短で1時間程度、現金化業者の営業時間や初回利用時の手続きにより振り込み時間は前後しますが、多少のロスを差し引いても即日入金のサービスが多いです。
翌月にはクレジットカード支払い分の請求が来ますので、忘れずに支払えるよう準備しておきましょう。

 

必要書類について

スムーズな現金化を行うためには必要書類の事前準備が不可欠です。
とはいえ用意すべき書類の数が多いわけではありません。
現金化を行う際に不可欠とされる「身分証明書」と「クレジットカード」について、利用できるものを確認しておきましょう。

 

身分証明書

現金化は買取行為であるため、身分証明書が必要です。
身分証明書として使えるのは「運転免許証」「パスポート」「年金手帳」「マイナンバーカード」など、名前や住所が記載されている必要があります。

 

外国の方の場合は「在留カード」が身分証明書として有効的です。
いずれかの身分証明書を手元に用意しておきましょう。

 

クレジットカード

クレジットカード現金化は、当然ながらクレジットカードが手元になければいけません。
有効期限を確認し、利用できるものを用意しておきましょう。
クレジットカードが手元にない場合はプリペイドカードでも代用できます。

 

財布の中にしまってある身分証明書

 

流れを理解してスムーズな現金化を

買取業者を利用する現金化の手順は少なく、決して複雑ではありません。
流れを理解しておくことでスムーズな現金化を実現することも可能であるため、ご利用前にどのような手順で現金化を行うのか確認しておくと良いのではないでしょうか。