擬似体験で経営力をパワーアップ“経営特くんゲーム” サイトマップ
経営特訓士協会(KTGA) 一般社団法人 経営特訓士協会 経営の安全運転を体で覚える。 マイナンバーポータルサイト お問合せ・ご相談
経営特訓士協会(KTGA) 特訓士協会概要 ご挨拶 経営特訓士とは 経営特訓士紹介 アクセス
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
経営特くんゲーム ボード型マネジメントゲーム
経営特くんゲームのすすめ方(動画)
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
経営特くんゲームとは
経営特くんゲームで身につくこと
ゲーム開催スケジュール
経営トップの方へ
中堅社員・新入社員の方へ
起業家の方へ
士業・会計人・診断士・社労士等の方へ
学生の方へ
実績紹介
経営特くんゲーム ボード型マネジメントゲーム
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
受講者の声
よくある質問
お知らせ
ビジネスパートナー/リンク集
サイトマップ
講座会場案内
お問合せ
ファイル・セミナー実績
メルマガバックナンバー
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
メルマガ登録
小冊子希望
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
ものづくり革新ナビは、”ものづくり革新プロセス”の知識/情報を広く共有・活用し、製造業の生産性向上を支援するポータルサイトです。
経営用語集
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
経営用語集
監修:Captain平本 編集:田村 守
カテゴリ 用語数 著 者
01 経営計画 89 田村 守
02 SOMAC系 23 田村 守
03 仕事の基本 36 田村 守
04 コミュニティ・ビジネス 9 田村 守
05 会計 65 田村 守
06 ICT-Cloud 準備中 石川 昌平
07 資金調達 44 田村 守
08 マーケティング 54 鈴木 栄治
09 人事・労務 40 田村 守
10 助成金等 10 鈴木 栄治
11 知的財産 10 村上 忠良
12 経営特くんゲーム 準備中 田村 守
13 理念経営 1 平本 靖夫
合  計 492 2013/11/26
(注)この経営用語集の著作権は(株)I&C・HosBizセンターが保有していますが、フリーにて活用ください。
またLinkにつきましては応じますのでご相談ください。
【SOMAC系】 ソリューション
問題を解決すること。経営上の問題を、情報技術などを用いて解決していくこと。具体的には専門の業者が、顧客の要望に応じてハードウエア・ソフトウエア・人員などを組み合わせてシステムを構築し、これを提供するような行為をさす。

【SOMAC系】 ディスクロージャー
一般に、企業などが投資者や債権者などの利害関係者に対して、経営や財務の状況をはじめ、各種の情報を公開すること。またはそれを義務付ける情報開示制度をいう。日本のディスクロージャー制度は、証券取引法および商法によって定められたものがあり、また、企業のIR活動の一環として行われる任意の情報開示を含める場合もある。

【SOMAC系】 DB (Database)
特定のテーマに沿ったデータを集めて管理し、 容易に検索・抽出などの再利用を可能にしたもの。 狭義には、コンピュータによって 実現されたものをいう。

【SOMAC系】 統制環境 (とうせいかんきょう)
統制環境とは一言でいうと、内部統制の目的を達成しようという企業全体の雰囲気や社風のことで、基本要素中の基本というべき大切なものである。

【SOMAC系】 内部統制 (ないぶとうせい)
企業などの組織内部において、違法行為や不正、ミスやエラー などが行われることなく、組織が健全かつ有効・効率的に運営されるよう各業務で所定の基準や手続きを定め、それに基づいて管理・監視・保証を行うことをいう。

【SOMAC系】 プロセスオーナー
プロセスにおける内部統制の責任者。プロセスオーナー制度とは、各業務プロセスの所有者(プロセスオーナー)を定め、有効性、効率性、その他の内部統制の目的を達成するよう業務プロセスを適切に設計・構築 ・運用・維持する責任と権限(プロセスオーナーシップ)を割り当てる管理制度である。

【SOMAC系】 プロセスユーザー
マルチタスクOSでは複数のプロセスを同時に実行できるため、OSの機能の一部を、独立したプロセスとして実行することも可能だ。これをシステムプロセスと呼ぶ。それに対して、ユーザーが起動したプロセスがユーザープロセスである。ユーザープロセスは一般に権限が制限されていて、システムプロセスに比べ、アクセスできるリソースが制限されている。

【SOMAC系】 モニタリング
監視、傍受、(調査)の意。日常的かつ継続的な点検のこと。ビジネスITの分野では、システム・業務を含めビジネス全般のオペレーションが遅滞なく実行されているかどうかを監視すること、またはその仕組みを指す。

【SOMAC系】 ユビキタス
何時でも何処でも意識せずに、情報通信技術を利用できること。元来は、「同時にどこにでも存在する」ことを意味する英語の形容詞。しかし日本語では「ユビキタスコンピューティング」の略として登場することが多く、その場合「いつでもどこでも、利用者が意識することなく、コンピューターやネットワークなどを利用できる状態」をさす。

【SOMAC系】 リスクアプローチ
リスクアプローチとは、全項目網羅的に監査を行うのではなく、経済環境、会社の特性などに応じて、財務諸表の重要な虚偽記載等のリスクのある項目に対して重点的に監査を行うという手法のこと。監査を効率的に進めるための手法と位置づけられる。

【SOMAC系】 リスク受容 (りすくじゅよう)
リスクを受容する意思決定のことを指す。つまり、リスクアセスメントによって、リスクが特定されていても、経済的、技術的、人為的などその組織または社会的な要因により、リスクマネジメントできないリスクに対して、組織の最終意志決定者により内在するリスクとして決定を受ける行為をさす。

【SOMAC系】 ワークフロー
ビジネスの手続きを自動化するか、手続きの処理手順を規定することで、関係者の間を情報や業務が円滑に流れるようにすること。また、そうして作られた流れ。ワークフローは作業の内容や順番などを吟味して流れ図にまとめられることが多い。

【仕事の基本】 回付 (かいふ)
書類などを、順に回して届けること。または、送り渡すこと。

【仕事の基本】 回復日程 (かいふくにってい)
計画と乖離し遅延した日程を、当初計画した日程に修正して回復させた日程のこと。

【仕事の基本】 確認 (かくにん)
受命事項や事実について誤りがないかを、受け手と発信者で認識を統一すること。紙ベース業務伝達のベースを、電子ファイルに頼らず紙で行うこと。電子ベースと対比される。

【仕事の基本】 QCD (Quality Cost Delivery)
品質(Quality)、価格(Cost)、納期(Delivery/Time)の頭文字をつなげた略語。ビジネスにおいて重視すべき3つの要素のこと。これらのそれぞれについて目標を定め、そのための手段を組み立てるのが仕事を進める上での基本となる。元は製造業の用語で、生産管理において重視すべき要素を表す用語である。

【仕事の基本】 業務命令 (ぎょうむめいれい)
業務遂行のため、使用者が従業員に対して発する命令または指示のこと。就労、残業、出張、配転など、個々の具体的必要に応じたさまざまな形態で行われるこのような命令は、使用者が多数の従業員を雇用して組織的に活動を展開するうえで必要不可欠である。

【仕事の基本】 消込 (けしこみ)
複数のデータを照合する際に、照合の痕跡を残すために、日付またはチェック印を記入すること。

【仕事の基本】 5S
\依・・・要らないモノをなくし、身の回りのムダをなくす。∪案棔ΑΑν廚襪發里誰にでもすぐ取り出せる状態にしておく。清掃・・・整理・整頓を維持し、ゴミなし、汚れなしの状態にする。だ況蕁ΑΑ整理・整頓・清掃を徹底し、気持良い職場を維持する。イ靴弔院ΑΑζ常生活で守るべきことが、当たり前にできるようにすること。

【仕事の基本】 5W3H
。廝茖錙ΑΑΔ世譴(担当は?)■廝茖紕鬘紂ΑΑΔ匹海(担当部署は?)When・・・いつまでに(期日と納期は?)ぃ廝茖瓧堯ΑΑΣ燭(方針・課題は?)ィ廝茖・・・わけは(目的と理由は?)Γ硲錚・・・いかに(方法は?)В硲錚 many・・・どのくらい(数量・人数は?)┌硲錚 much・・・いくら(経費・原価・価格は?)

【仕事の基本】 査印 (さいん)
取り調べるということで、そのことの必要性または完了を明らかに するときに使用する。検印ともいう。

【仕事の基本】 差立て (さだて)
ある機械・設備で、一つのジョブの加工が終わったとき、次に加工すべき ジョブ(作業)を決定し指示する活動を指す。

【仕事の基本】 受命と報告
受命は必ずメモ(備忘録)をとり、 復唱確認して、納期を回答する。指示を受けた仕事が完成した時は、催促される前に、すぐに報告する。報告は指示を出した人、依頼した人に直接行う。報告は結論 ⇒ 理由 ⇒ 経過の順番に!

【仕事の基本】 照合 (しょうごう)
複数のデータを互いに照らし合わせ、 指定した条件で一致するデータを1つのまとまりにすること。

【仕事の基本】 上申 (じょうしん)
意見を上の者に申し述べること。 具申。

【仕事の基本】 小日程 (しょうにってい)
小日程計画とは、週間計画などとも呼ばれ、立案された中日程計画を基にして、かつ現状の作業の進度状況および計画の変更などを考慮して実際的な作業の割付けを行うための予定をいう。計画期間としては旬間や週間が普通であるが、近年、そのサイクルはどんどん短くなってきている。

【仕事の基本】 承認 (しょうにん)
「認める」という意味であるが、approve(賛同する)とauthorize(許可)の二つの意味がある。

【仕事の基本】 申請 (しんせい)
希望や要望事項を願い出ること。特に、国や公共の機関などに対して認可・許可その他一定の行為を求めること。「上申」はきわめて限定的な場面でしか使われないので、会社の規程等は全て申請でよいと思われる。

【仕事の基本】 成果物 (せいかぶつ)
特定の作業やプロジェクトを遂行した結果、成果として出来上がったもののこと、を広く意味する表現。

【仕事の基本】 正と副・写・控 (せいとふく・うつし・ひかえ)
正と副。正式のものと、その補助となるもの。「写」は原本のコピーを関係者(部署)が持つこと、または配布すること。e-mailでもccは「写」である。「控」は当事者が持つ確認書(証拠)である。「写」は配布先が多いと沢山あるが、「控」は通常1枚である。

【仕事の基本】 大日程 (だいにってい)
販売計画を基にして半年から1年くらいの長期にわたり、製品グループや製品それに大わくとしての金額、数量を定めた計画を指し、工場の増設や長期的な能力、資材調達および資金計画などに使われる。

【仕事の基本】 着手管理 (ちゃくしゅかんり)
仕事の開始を管理すること。

【仕事の基本】 中間報告 (ちゅうかんほうこく)
中間報告はできるだけ頻繁に行い、進行状況・見通しなどを報告する。中間報告をコマメにやると仕事の流れがスムーズになる。

【仕事の基本】 中日程 (ちゅうにってい)
月次計画などとも呼ばれ、通常毎月立案され、計画期間としては、2〜3ヵ月がその範囲となる。また、この計画により、日常の生産活動は行われ、これを基にして各職場の作業も計画される。MRPにより立案された資材計画それに製造と購買の計画は中日程計画に含まれる。

【仕事の基本】 通達 (つうたつ)
権限を有する者が部下や社員などに対し、職務上の事柄を通知したり、命じ たりすることをいう。

【仕事の基本】 綴り (つづり)
つづること。また、つづったもの。とじ合わせたもの。 (例)伝票の綴り

【仕事の基本】 電子コンテンツ (でんしこんてんつ)
仕事の成果物を電子ベースで顧客に渡せる状態になっている電子ファイルのこと。

【仕事の基本】 電子ベース (でんしべーす)
業務のベースを、電子文書、データ及びソフトウェアを適用し、これに依存して行うこと。 組織は次第にマネジメントシステムの運営及び管理を電子メディアに依存するようになっている。「紙ベース」と対比される。

【仕事の基本】 日報 (にっぽう)
職場などで提出する、1日の作業の報告書。職場での1日の出来事がすべて網羅されていなければならず、来客、受・発信文書、受注、通信系、行事、上司と部下との報・連・相+確認等のすべてが1枚の書面(A4)にまとめられている必要がある。

【仕事の基本】 納期管理 (のうきかんり)
顧客に約束した納期を厳守できるように管理すること。

【仕事の基本】 廃棄 (はいき)
不用なものとして捨てること。

【仕事の基本】 廃番 (はいばん)
台帳から製品番号をなくすこと。

【仕事の基本】 PDCA  (Plan Do Check Action)
Plan(計画)→Do(実行)→Check(チェック・評価)→Action(改善)のこと。事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法。4 段階のサイクルを回し、これを繰り返すことによって、業務を継続的に改善することができる。

【仕事の基本】 報・連・相+確認 (ほうれんそうぷらすかくにん)
報告・・・お客様、上司からの注文・指示事項の進行具合・結果を伝える。連絡・・・通達・指示・会議決定事項を上司、他部門、部門内に周知する。相談・・・現状のまま進めるか、修正するか、やり方を変えるか責任者と打ち合わせする。確認・・・受命事項や事実について誤りがないか、受け手と発信者で認識を統一する。

【仕事の基本】 メモ
上司から命令を受ける時、会議に参加する時、その他職場では必ずメモをとること。「記憶よりは記録」。仕事の最も大切な基本である。

【仕事の基本】 4M
仕事を始めるには、4Mを準備する。〆猯繊複唯瓧遙紕鬘蕋瓧譟法ΑΑΩ矯猯繊ι品・基礎データ・資料・情報⊃諭複唯瓧遏法ΑΑ実行する人・品質保証する人設備(Mashine)・・・機械・建物・土地・PCなどの道具・ソフトな法(Method)・・・マニュアル・手順・ISO「材料・設備」は他人が準備できるが、「人・方法」は自習・予習・復習をしなければ能力は高まらない。教育訓練・自己啓発が大切。

【仕事の基本】 リードタイム
商品や製品、サービスを発注してから納品されるまでの期間のこと。単に外販や外注の場合を指すばかりでなく、社内の製造プロセスにおいて前工程に必要な部用品などを発注してから、実際に次工程の作業ができるようになるまでの時間も指す。

【仕事の基本】 ワンライティング
手書きまたは機械による一度の記入により、事務処理に必要な一連の伝票を原票記入と同時に複写して一括発行する方式。転記や照合、検算の労力を節減し、ミス発生防止と事務のスピードアップを実現できる。PCでデータ入力する場合を、「ワンインプット方式」という。

【コミュニティ・ビジネス】 NPO (Non Profit Organization)
民間非営利組織を意味する。非営利すなわち営利を目的とせず公益的な市民活動を行う民間団体の総称である。

【コミュニティ・ビジネス】 ガイア思想
自然環境は、単なる機械的なシステムではなく、様々な生物が複合的に働きかけて創造された、高度な有機的・調和的ネットワークを形成しているとする考え方である。

【コミュニティ・ビジネス】 経世済民 (けいせいさいみん)
「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」の意。略して「経済」ともいうが、主として英語の「economy」の訳語として使われている今日の用法とは異なり、本来はより広く政治・統治・行政全般を指示する語である。

【コミュニティ・ビジネス】 コミュニティ・ビジネス (Community Business)
地域が抱える課題を、地域資源を活かしながらビジネス的な手法によって解決しようとする事業のこと。主に地域における人材、ノウハウ、施設、資金等を活用することで、対象となるコミュニティを活性化し、雇用を創出したり、人の生き甲斐などをつくり出すことが主な目的や役割となる場合が多い。

【コミュニティ・ビジネス】 清富 (せいふ)
反対語は、清貧(せいひん)であり、清く生きれば貧しくても良いのだとする行動理念。
拝金主義的資本主義と権威の中では、税金や献金・布施等で邦民より上納させる”しくみ”とお金は汚いモノ、もっていては心を汚れるとマインドコントロールしてきた。
これらの”しくみ”がパラダイムシフトされている時代では、「清富」が行動理念となる。
心正しく「世のため・人のため」に生きて、循環する為に必要な富は蓄え、必要とする人に供給できる富を蓄える事に、罪悪感を持たないで、ワクワクとして仕事を進める。
そうしたライフスタイルのキーワードが「清富」である。

【コミュニティ・ビジネス】 地域おこし (ちいきおこし)
市町村、あるいは市町村内の一定の地区の経済や文化を活性化させること。「町おこし」、「街おこし」や「まちおこし」とも呼称される。

【コミュニティ・ビジネス】 地産地消 (ちさんちしょう)
地域生産地域消費の略語。地域で生産された様々な生産物や資源(主に農産物や水産物)をその地域で消費することである。

【コミュニティ・ビジネス】 PFI (Private Finance Initiative)
公共サービスの提供に際して公共施設が必要な場合に、従来のように公共が直接施設を整備せずに民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねる手法である。

【コミュニティ・ビジネス】 ヨロコビオス
「ヨロコビに満ちた食べ物」を食し=(オス)、自然素材の衣を身に纏い、住まいを木造にし、「衣食住」を自らの手で創造的に整備することから始め、ゆくゆくは全国各地に同じ共存共栄を図るコミュニティを一つずつ誕生させてゆき、新しい国造りを始めたいとする考え方。

【会計】 ROA (Return On Assets)
Return On Assetsの略。

【会計】 後入先出法 (あといれさきだしほう)
棚卸資産費用配分方法の一つ。時間的に後に購入した部分を先に販売ないしは製造にあてたと仮定する方法。買入遵法ともいう。この方法は、インフレ時に、棚卸資産費用とそれに見合う収益とを比較的近い貨幣水準において対応可能にする長所をもつ。それに反し、期末棚卸部分が先に購入されたものによって構成されるため、決算時の貸借対照表が実状を示さない欠点がある。本方式は、2010年4月1日以後開始する事業年度から廃止された。

【会計】 一般管理費 (いっぱんかんりひ)
企業全般にわたっての管理に要する費用の総称をいう。たとえば、事務用建物に対する減価償却費、ないしは保険料、さらには全般的管理に関係する部門の従業員に対する給料・賃金などがその例である。

【会計】 売上原価 (うりあげげんか)
実際に売られた製品の製造原価のことである。算式は次の通りである。期首製品棚卸高十当期製品製造原価一期末製品棚卸高=売上原価売上原価の計算は、売上総利益を計算するために欠かすことができない。売上原価を正確に計算するためには、実際に製品棚卸を正確にしなければならない。

【会計】 売上高 (うりあげだか)
企業が製品や商品、あるいはサービスを販売、提供した対価として顧客から受け取った代金のこと。数量×単価で表され、原則として販売や提供を行った段階で計上される。

【会計】 営業費 (えいぎょうひ)
営業活動にともなって発生する諸経費のことをいう。営業費は、一般に、販売費と一般管理費に分けられる。企業会計原則では,営業費を「販売費および一般管理費」といい、支払利息は「営案外費用」としている。中小企業庁経営指標では、これを「販売・管理費」として支払利息を含めて計算している。

【会計】 OR (Operations Research)
現実の問題に対して,科学的な手法(主として数学)および用具(例えば電子計算機)を適用し,経営者にその問題に対する最適解を提供することである。

【会計】 回転率 (かいてんりつ)
一定期間中に.何回経営活動を繰りかえすかを回数で表わした数字。〔例〕 商品回転率=年間売上/平均在庫経営資本回転率=純売上高/経営資本 固定資産回転率=純売上高/固定資産受取勘定回転率=純売上高/受取勘定支払勘定回転率=商品仕入高/支払勘定

【会計】 外部購入原価 (がいぶこうにゅうげんか)
原材料費や商品仕入原価、外注加工賃、動力費などの合計を指す。

【会計】 価格競争 (かかくきょうそう)
価格が安いことを最大の訴求点として消費者にアピールし、競争する形態。消費者の価値観の変化などにより、価格以外の要素が販売競争の中で重要になっているが、価格も依然として競争の中で占めるウエイトは高く、ディスカウントストアという業態が定着している。

【会計】 価格政策 (かかくせいさく)
商品の価格をどのように定めるかの方針。

【会計】 株式会社 (かぶしきかいしゃ)
出資者(=株主)の地位が、株式と称する細分化された均一の単位の引受け額を限度とする会社をいう。その特色は、ヽ式制度、⇒限責任制度、専門経営者制度にある。株式は500円以上でなければならないが,1949年の商法改正以前に成立した会社は1株50円が認められている。

【会計】 管理会計 (かんりかいけい)
内部報告会計ともいわれ、経営管理者の経営意思決定・管理活動のために行われる。対外的な報告を目的とした財務会計とは異なり、会計情報の作成に関しての法的な規制はなく、各企業独自の基準や考え方、ツールによって行われる。ここでは、数量に比例して増減する利益(限界利益=売上−変動費)を使うのが特徴である。

【会計】 企業広告 (きぎょうこうこく)
企業の経営方針、歴史・伝統、生産・技術・研究、製品の多様性、社会への貢献など、企業のイメージ、社会性などを訴求する広告。直接製品やサービスを訴求する商品広告product advertisingと対比されるが、その間に一線は引きえない。

【会計】 業務会計 (ぎょうむかいけい)
日常の経理・会計事務処理は、財務会計手順に従って行われるが、その際に使用される会計業務のことを言う。マニュアルや法令・内部規定に準拠して、正確・迅速・効率的に遂行しなければならない。

【会計】 繰延資産 (くりのべしさん)
会社の費用のうち、臨時に一時的に発生する費用でその期間だけの費用にすることが、不合理なものは,商法により数年間の分割で償却することが認められている。こういう特定の費用で,次期以降の負担にするため貸借対照表に計上する資産を繰延資産という。

【会計】 決算手続 (けっさんてつづき)
帳簿を締め切り、財務諸表を作成する手続をいう。大きく2段階に分けられる。〃荵四夙手続と決算本手続である。,蓮決算本手続の前段階として、試算表、精算表を作成する。△蓮∋徒帳、補助簿を締め切り、損益勘定と残高勘定を締切る。その後,損益計算書、貸借対照表などを作成して決算手続は完了する。

【会計】 限界利益 (げんかいりえき)
限界利益=売上高−変動費 限界利益=固定費+利益

【会計】 原価計算 (げんかけいさん)
経営活動によって使われた費用が,製品1単位当りいくらになるかを,正確に把握する計算手続である。一定単位とは,責任の種類や範囲により分けられた部門や,製品・商品などの単位である。原価計算は主として,製造業で実施されているが、商業でも,営業費の部門別、商品別計算がもっと行なわれる必要がある。

【会計】 減価償却 (げんかしょうきゃく)
固定資産の取得価額を,その耐用年数内の各期間にふりわけて費用計上し,設備資金の回収をはかる会計テクニックをいう。減価償却によって各期間に配分される費用は「減価償却費」という。減価償却の方法としては,定額法と定率法が使用されている。

【会計】 原価率 (げんかりつ)
売価のなかにしめる原価の割合。

【会計】 交叉比率 (こうさひりつ)
交差比率は、商品が効率よく利益を生み出しているかを測る指標。次式で表される。交差比率=粗利益率×商品回転率。一般的に粗利益率が高い商品は、数が売れないことが多く、必ずしも儲けが大きくなるとは限らない。そのため、粗利益率だけでは、本当に儲かる商品かどうかを判断するには不十分であるといえる。

【会計】 国際会計基準 (こくさいかいけいきじゅん)


【会計】 固定費 (こていひ)
売上高や販売個数の増減に関係なく、一定に発生する費用。例えば、人件費、不動産賃借料、水道光熱費、通信費、減価償却費、旅費交通費、接待交際費、支払利息など。

【会計】 在庫管理 (ざいこかんり)
原材料、仕掛品、半製品、製品、消耗品などの物品について、仕入、購入から販売、使用にいたるまでの間で、質・量ともに最も機会損失を少なくするように、また適正量を維持するよう管理すること。適正な在庫管理によって、在庫過大投資による資金の固定化を防ぎ、在庫維持費,商品ロスの節減をはかる。また在庫減少による品切れ損失、いわゆる売り損いを防ぐことができる。

【会計】 財務会計 (ざいむかいけい)
財務諸表を核とする会計情報を、企業外部の利害関係者(株主、債権者、徴税当局など)に対して提供することを目的とする会計である。企業外部の利害関係者が利用するので、様々な法律やルールが定められており、法律や規則などに準拠した会計なので、「制度会計」とも呼ばれている。

【会計】 財務諸表 (ざいむしょひょう)
取引を記録・計算し、それを利害関係者に報告するに当たり、企業会計上作成される計算書類の総称である。損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、株主資本等変動計算書がある。

【会計】 財務諸表監査 (ざいむしょひょうかんさ)


【会計】 先入先出法 (さきいれさきだしほう)
棚卸資産費用配分法の一つ。時間的に先に購入したものから順次製造ないしは販売にあてると仮定した方法である。買入順法ともいわれる。この方法では期末棚卸分が,時間的に後に購入されたものから構成され、インフレ時に多くの利益が出る形になる。

【会計】 シェア
share占有率。原語は分け前、株式の意味もある。市場全体を100としたとき自社のしめる率はどれだけかという相対評価を示す。金額ベース、台数ベース等がある。

【会計】 仕掛品 (しかかりひん)
加工中ないしは製造中でさらに手を加えなければ完成品とならない生産物を「仕掛品」という。類似のものに「半製品」があるが,半製品はまだ完成品ではないが、販売可能な状態にある生産物という点で、仕掛品と区別される。

【会計】 自己資本 (じこしほん)
企業自身が所有する資本。資産合計から負債合計を差し引いた金額,あるいは,払込資本金に資本剰余金と利益剰余金を加えたものである。経営に使われている負債のことを「他人資本」という。

【会計】 自己資本比率 (じこしほんひりつ)
総資本に占める自己資本の割合を示す。自己資本比率とは、返済不要の自己資本が全体の資本調達の何%あるかを示す数値であり、自己資本比率が高いほど経営は安定し、倒産しにくい会社となる。自己資本比率は会社経営の安定性を表す数値であり、高いほどよい。

【会計】 資産 (しさん)
会計上の資産は、貸借対照表上、借方に計上され、企業により支配されている資源のこと。その本質は当該資源から生じると期待される将来の経済的便益である。流動資産・固定資産・繰延資産に区分される。

【会計】 試算表(T/B) (しさんひょう)
財務会計において決算時に取りまとめる残高試算表のこと。すべての勘定科目について、損益計算書と貸借対照表の区別なく貸借に並べてみる表。試算表には残高試算表と合計試算表がある。

【会計】 市場占拠率 (しじょうせんきょりつ)
market share。狙った市場のなかで、自社の売上高が占めている割合。

【会計】 市場調査 (しじょうちょうさ)
market research。マーケットについての資料を計画的に収集し分析すること。市場分析、売上高分析、顧客分析、広告分析などあるが、調査方法は、面接、観測、実験、アンケートなどが主なものである。戦略をたてるために、または機会損失を少なくするために不可欠の好材料となる。

【会計】 資本 (しほん)
経営の「もとで」として使われている資金。資本は自己資本のみをさす場合と、他人資本をも合わせたものをさす場合がある。資本は、他人資本をも含めて、経営活動に利用され、増殖していく。その価値の増加分を「利益」という。企業は、資本の増加によって、成長をささえられている。

【会計】 資本構成 (しほんこうせい)
企業が使用する資本の構成内容をいい、具体的には、貸借対照表に表示されている調達源泉による区分、即ち自己資本(資本金と各種準備金の合計)と他人資本(社債、長・短期借入金=負債の合計)の構成を問題にする。資本構成を判断する指標としては、自己資本比率、負債比率などの比率が使用される。

【会計】 資本効率 (しほんこうりつ)
資本をいかに有効に利用したかを示す指数。その主なものは次の通り。〇駛楡源裟:付加価値/使用総資本×100% ∩躬駛棆鹽称─売上高/使用総資本×100% 使用総資本利益率:利益/使用総資本×100% せ駛椽稷益率:利益/自己資本×100%。最近は〇駛楡源裟、使用総資本利益率が重視されている。

【会計】 収益 (しゅうえき)
収益は,企業の主たる営業活動との関連から,「営業収益」と「営案外収益」とに分けられる。営業収益は主たる営業活動から生ずるものをいい,営業外収益はそれ以外のものをいう。営案外収益は受取利息など金融的性格のものが多い。

【会計】 純利益 (じゅんりえき)
売上総利益から、販売費、一般管理費、支払利息などの営業外費用を差し引いたものが純利益である。また、期首と期末の正味資産の増減によっても計算することができる。

【会計】 商品回転率 (しょうひんかいてんりつ)
商品の仕入れから販売までの効率性を示す指標。計算式は「一定期間の売上高÷一定期間の平均在庫高」。商品回転率は、商品を仕入れ、これが販売されるまでの平均期間によって測定される。



ページを移動 》 | 1| 2| 34
ページトップへ 
    メールお問合せ・ご相談
経営特訓士協会,KTGA,KTGA,経営特くんゲーム,KTG,KTG,中小企業支援,経営擬似体験,経営特訓士,経営特訓士資格認定
「HosBiz」は、日本ローコストマネジメント推進機構(I&Cクラブ・全国ネット)を運営して、中堅・中小企業の持続と発展のための経営資源の強化を支援いたします。 経営特訓士協会(KTGA) 協会概要 サイトマップ プライバシーポリシー